--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-08

「冷血」

最近、TUTAYAさんが昔の名作を新しくDVD化してくれていて
ビデオが観賞できない松本家としては、とってもあり難い

先日観たのは、「冷血」

冷血 [DVD]冷血 [DVD]
(2009/11/04)
ロバート・ブレイク、スコット・ウィルソン 他

商品詳細を見る



なんだか知らず知らずに舞台とも自然と繋がった作品を選んで観た自分にびっくりです

仮出所中の男二人が共謀し、一家4人を惨殺し、逃亡の末、逮捕される・・

そして、彼らは死刑囚となります。


モノクロのこの映画・・


死刑制度というものは、こんなにも人間には正解が見出せない難解なテーマなんですね


作品の最後あたり、彼らが死刑となる日からの全ての会話が深いっっ



執行を見届けに来た記者が死刑執行人を指差し、同僚との会話

「あの人の名前は?」

「我々、国民。」


他にも、「1人につきいくらもらえるんだ」とか

死刑は抑止にはならず「翌月、翌年にはまた同じような犯罪が起こる」など・・



そして、私が一番印象的だったのは、ラストのラスト

死刑執行直前の主人公の男が、最後の言葉を聞かれての台詞



「多分、俺は、謝りたいんだ・・・


 でも、誰に?・・・」





《 誰に 》 でしょう・・


それは、被害者、被害者の親族、詐欺の被害者達だけじゃない《 誰か 》


自分の両親へ?裏切った友人へ?騒がせてしまった世間へ?


そして、こんな生き方を選んでしまった自分自身へ・・



原作は、カポーティ

この人は、やっぱり曲者ですね~~

カポーティを描いた映画もオススメですよ

カポーティ コレクターズ・エディション [DVD]カポーティ コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/12/23)
クリフトン・コリンズJr.、キャサリン・キーナー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ちえ♪

Author:ちえ♪
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。